2008年05月30日

家定の側室・お志賀:鶴田真由

NHK大河ドラマ篤姫

徳川家定(境雅人)の側室・お志賀:(鶴田真由

将軍家定の側室。家定が唯一心をゆるした女性である。お志賀の存在を御台所になるまで知らなかった篤姫にとって、たいへんなライバルとなる。 大河ドラマ 篤姫

鶴田真由(つるたまゆ1970年4月25日 - )
神奈川県鎌倉市出身。身長156cm、血液型O型。
1988年、「あぶない少年II」でデビュー。
2002年12月、芸術家の中山ダイスケと結婚した。
鶴田真由 - Wikipedia

番組の取材などでアフリカを訪れたことが契機となり、2008年2月、第4回アフリカ開発会議(TICAD)親善大使の委嘱を受けた。同年3月から4月にかけてケニア及びスーダン南部の視察を行っている。

<鶴田真由さん>親善大使としてアフリカ訪問報告 首相に

鶴田真由、台本読んで涙…「恋する彼女、西へ。」舞台あいさつ

大奥とは・・

NHK大河『篤姫』に堺雅人、玉木宏、松田翔太、堀北真希ら決定


NHK大河ドラマ篤姫


<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第20回「婚礼の夜」

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」20.9%

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」23.1%

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」
尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)は夫婦になりました。

大奥とは・・


★★★

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia


posted by 江〜篤姫 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・キャスト

2008年05月25日

NHK大河ドラマ篤姫第21回「妻の戦」

宮崎あおい、篤姫で初栄冠…第45回ギャラクシー賞

徳川家定役の堺雅人さんは、大泉洋さん主演の映画アフタースクール」に出演、25日、初日の舞台挨拶に登場したそうです。

大泉洋「小さい話ばっか」禁ネタバレで

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第21回「妻の戦い」

篤姫(宮崎あおい)は、朝の御召しかえから始まって、1日中徹底的に管理されていました。

将軍が夜、大奥に来る場合も暮六つ(18時頃)までに大奥に連絡を入れなければならなかったそうです。

家定(堺雅人)は実はうつけのふりをしているだけではないかと感じた、篤姫(宮崎あおい)は、家定本人に真相を確かめようとします。しかし、家定(堺雅人)が、、篤姫(宮崎あおい)の元を訪れない日々は続きます。

幾島(松坂慶子)や:大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)らは、家定(堺雅人)のお渡りの回数を増やすために、幾島(松坂慶子)大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)らは、あれこれ談義・・可憐、たおやかで楚々とした風情を生かすために、髪型を替えましょうと提案。おすべらかし・根取り下げ・・と様々な案ののち、大奥最高の髪型とされるおまた返しに決定。おまた返しは、ご懐妊までに許される髪型だそうです。

おまた返しの新しい髪型で美しく装った篤姫(宮崎あおい)は、仏間で朝、顔を合わせた、家定(堺雅人)に、とうとう本人に「今宵、お渡りいただけませんでしょうか!!!」と願い出てしまいます。

ようやく、家定(堺雅人)篤姫(宮崎あおい)の元を訪れます。

「ねずみの話しの続きを聞きとうなってな・・」と、家定(堺雅人)

「ねずみの前にあひるでございます!!」と

なぜうつけのふりをしているのかと聞く篤姫(宮崎あおい)に、家定(堺雅人)は答えず、さらに

「ねずみの夫婦に子供はおっとのか??」と聞き・・

「わしは子はできぬ・・」

と、家定(堺雅人)は、さらに自らの子を持つつもりはないと明言します・・

★★★

翌朝、、家定(堺雅人)の話しを聞いた幾島(松坂慶子)は、

「ならば、次の将軍を慶喜様に・・・」と

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」5/4

幾島(松坂慶子)は、

「大奥は本寿院(高畑淳子)様からにして水戸嫌い、斉彬(高橋英樹)嫌いが集まってとぐろを巻いているような場所。水戸につながる慶喜さまを担ごうとしている我々は、敵陣の真っ只中に来たようなものなのです」と、篤姫(宮崎あおい)に、慶喜さま次期将軍の件を進めるように進言します・・

が、篤姫(宮崎あおい)は、「子はいらぬ」といい、うつけのふり??をする家定(堺雅人)のことを思い沈む日々を過ごします。

ある日、庭で お志賀(鶴田真由)に会い、部屋に呼び寄せて話しをします。

家定(堺雅人)さまはうつけと思うか??との篤姫(宮崎あおい)はの質問に、お志賀(鶴田真由)は、

「うつけかどうかも子供がいらぬということもワタクシにとってはどうでもいいこと・・ワタクシは、家定(堺雅人)さまが好きなのです・・できるだけ長くおそばにいたいと思うのみです」と微笑みながら答えるのでした。

★★★

家定(堺雅人)が、大奥篤姫(宮崎あおい)の元を訪れた夜、

篤姫(宮崎あおい)は、

「ねずみの話しの続きが聞きたい・・」という家定(堺雅人)に、篤姫(宮崎あおい)お志賀(鶴田真由)の話しをします。

家定(堺雅人)は、

うるさい、うるさい!!ワシは人よりもあひるが好きじゃ、ねずみや草や花が好きじゃ。なぜなら余計な口を聞かぬからじゃ!!寝るっつ!!」

篤姫(宮崎あおい)は、感じたことのない気持を感じつつ、家定(堺雅人)の背中を見つめます。

芽生え始めた愛情と嫉妬にまだ気がついてはいない篤姫(宮崎あおい)でした。


★★★

NHK大河ドラマ篤姫音楽:芳俣涼・脚本:田淵由美子

篤姫紀行は・・埼玉県川越市氷川神社および喜多院。江戸時代三代将軍・家光と春日局ゆかりの建物だそうです。

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第20回「婚礼の夜」24.2%

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」24.6%

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」20.9%

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」23.1%

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」
尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)は夫婦になりました。

★★★

大奥とは

★★★

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia

posted by 江〜篤姫 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫

2008年05月24日

宮崎あおい、篤姫で初栄冠…第45回ギャラクシー賞

宮崎あおいさん(22)は、NHK大河ドラマ篤姫」の演技で第45回ギャラクシー賞 テレビ部門個人賞に選ばれたそうです。

ギャラクシー賞(ギャラクシーしょう)は、放送批評懇談会が1963年に創設した、日本の放送文化に貢献した優秀な番組・個人・団体に贈られる賞である。現在、「テレビ」「ラジオ」「CM」「報道活動」の4部門があり年1回毎年5月に発表しているが、各部門毎に月間賞など独自の賞がある。 事実上、日本国内のテレビ番組作りの最高の栄誉となっている。ギャラクシー賞 - Wikipedia

宮崎あおいさんの受賞は、大河ドラマ主演俳優としても初のことだそうです。

宮崎あおい、篤姫で初栄冠…第45回ギャラクシー賞

NHK大河ドラマ篤姫

あおい、アヒルと息ピッタリ!アフラック新CM

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第20回「婚礼の夜」24.2%

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」24.6%

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」20.9%

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」23.1%

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」
尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)は夫婦になりました。

★★★

大奥とは

★★★

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia

posted by 江〜篤姫 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・宮崎あおい

2008年05月18日

NHK大河ドラマ篤姫第20回「婚礼の夜」

あおい、アヒルと息ピッタリ!アフラック新CM

篤姫★話題・・篤姫の亡くなった年齢は??

大奥とは

NHK大河ドラマ篤姫第20回「婚礼の夜」

大奥は1000人の女性達が集まった世界。

江戸時代後期に作られた「奥奉公出世スゴロク」で大奥の世界を垣間見ることができます

大奥のすべてを取り仕切っていたのが御年寄:大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)

大奥はキャリアウーマンの集まった世界でもありました。

★★★

婚礼を前に、篤姫(宮崎あおい)は、33歳にもなってかくれんぼ遊びに興じる家定(堺雅人)を見て、その人格に疑問を抱きます。

幾島(松坂慶子)は・・

お世継ぎを授かる心得を教え、家定(堺雅人)の人格を疑う、、篤姫(宮崎あおい)をたしなめますが、大奥のすべてを取り仕切っていたのが御年寄:大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)

「うつけものという噂があるのですが・・」と質問してしまいますが、なんということを質問するのかと大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)に一喝され、
「魔がさすとはこのことじゃ・・」と後悔する幾島(松坂慶子)

★★★

噂を耳にした尚吾郎(瑛太)も薩摩の地から、篤姫(宮崎あおい)の身を案じます。

★★★

そして迎えた安政3年1856年12月18日・婚礼当日・・・。

幾島(松坂慶子)、いよいよじゃ。もう逃げられぬ・・」・・・篤姫(宮崎あおい)

篤姫(宮崎あおい)は、この日を境に御代様と呼ばれることになります。

長い儀式を終え、夜の寝間入りに。

「ワタクシはこれにて・・・くれぐれも公方様(くぼうさま)に好いていただけますように・・・」幾島(松坂慶子)

篤姫(宮崎あおい)は身を堅くして
家定(堺雅人)の訪れを待つが、家定(堺雅人)は、現れるなり、「わしは疲れた」とさっさと寝てしまいます。

篤姫(宮崎あおい)は「よろしくお願いします・・」と大声で挨拶をして、家定(堺雅人)から「うるさい、目が覚めてしまう」怒られてしまいます・・

また、眠れぬことを案じて、「なにか面白い話でも・・」という、家定(堺雅人)に、総領事官のハリスの話をしようとして・・「二度と、そんな話しは聞きたくない!!」とますます怒らせてしまう篤姫(宮崎あおい)

「昔話を聞かせよ・・」と、家定(堺雅人)

篤姫(宮崎あおい)は・・・夫婦のねずみの話を・・・しながら・・眠ってしまった・・

「面白そうなのに・・続きはどうしてくれるのじゃ・・」、家定(堺雅人)

★★★

翌朝・・

「なにもなかったじゃと!!!先に寝てしまった・・・世継ぎはどうなるのじゃ・・・はぁ・・・」と

家定(堺雅人)生母・本寿院(高畑淳子)

★★★

大奥では、毎朝、将軍と御台所が揃って仏間に入り、先祖のご位牌に手を合わせる決まりがありました。

しかしこの日は、家定(堺雅人)生母・本寿院(高畑淳子)姿は見せず・・

「御代様・・ごきげん麗しく・・・」と お志賀(鶴田真由)家定(堺雅人)様の側室)・・・

★★★

篤姫(宮崎あおい)が、昔話をしたという話しを聞いて幾島(松坂慶子)

「笑い事ではございませんっつ!!!!!」

「それよりも、家定(堺雅人)様は、うつけかと思えばそうではない・・・まともかと思えばそうではない・・わからぬ・・側室(鶴田真由)がいる・・ということはまとも??」と篤姫(宮崎あおい)

幾島(松坂慶子)

「これは女の戦いにございます。側室より先にお子を授かるしかございません!!お世継ぎを!!!」

その後、家定(堺雅人)様は篤姫(宮崎あおい)の元へ来ることはありませんでした。

「仕方がないで済むことではございません・・」と幾島(松坂慶子)ほか・・

ついに・・幾島(松坂慶子)は・・

「以前より存じておりました・・・うつけの噂・・けれど斉彬(高橋英樹)様は・・うつけとは思えないとも申しております。」

「自分自身で確かめる・・」と篤姫(宮崎あおい)・・

かもを追いかけて遊ぶ、家定(堺雅人)様の元に近づき・・

一緒にかもを追いかけ始める篤姫(宮崎あおい)・・・

「危ないじゃないか・・」と家定(堺雅人)様・・・

家定(堺雅人)様はうつけではない・・断じてうつけではない・・」篤姫(宮崎あおい)・・・・

★★★

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」20.9%

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」23.1%

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」
尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)は夫婦になりました。

★★★

大奥とは

★★★

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia

posted by 江〜篤姫 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫

大奥とは???フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

NHK大河ドラマ篤姫

大奥は1000人の女性達が集まった世界。

江戸時代後期に作られた「奥奉公出世スゴロク」で大奥の世界を垣間見ることができます

大奥のすべてを取り仕切っていたのが御年寄:大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)

大奥はキャリアウーマンの集まった世界でもありました。

★★★

大奥(おおおく)とは江戸城に存在した将軍や大御所の正室や側室、その生母や子女、及び御殿女中(奥女中)たちの居所

初代徳川家康の時代から江戸城に「大奥」と呼ばれる区画は存在していたが、その当時は「表」と「奥」―つまり男性と女性の境界が存在せず、正室や女中などが表に足を運んだり家臣が奥を訪れる事があった。その後、3代徳川家光の時代に家光の乳母で権勢を振るった春日局が元和4年(1618年)に大奥法度を定め、将軍家の奥を制度上で部署的なものとして整備し統括した。

慶応4年(1868年)4月、江戸幕府は新政府軍に江戸城を明渡すことになった。
大奥に残っていた、本寿院(13代将軍生母)と天璋院(13代将軍御台所)は一橋家の屋敷へ、静寛院宮(和宮親子内親王)は西ノ丸にいた実成院(14代将軍生母)とともに田安屋敷へと移り、城の明け渡しに備えた。4月11日(5月3日)、東海道先鋒総督が江戸城に入った。この時、城に入った人数は約800名とされる。大奥法度も廃止となった

ちなみに最後の将軍であった徳川慶喜の正室・一条美賀子は一度も大奥入りしなかったので、この場には立ち会わせなかった。

★★★

本丸御殿を3つに大別した時、

幕府の政庁に当たる「表」
将軍が執務を行ない普段の生活空間でもある「中奥」
将軍の妻妾や女中たちのいる「大奥」
に区別された(将軍家以外の武家では大奥に相当する空間を「奥」あるいは「奥向き」、あるいは「大奥」と呼称していた[1])。

大奥は江戸城本丸、二丸、西丸に位置していたが、将軍と将軍の幼い息子、及び御匙医師を除けば基本的に男性が立ち入る事が許されていなかった。基本的に、本丸大奥は将軍夫妻、二丸は将軍生母や元将軍側室。大奥西丸は世子夫妻か大御所夫妻が住んでいた。ただし本丸の非常時には、二丸や西丸がそれぞれ本丸の代わりとして機能した。[2]

本丸御殿は表と中奥が同一の建物であるのに対して大奥は別の建物として分離しており、周囲を銅塀によって囲われていた。この間を繋いでいるのは僅か一本の廊下であり「御鈴廊下」と呼ばれていた。将軍が大奥へ入る際に鈴のついた紐を引いて鈴を鳴らして合図を送り、出入り口である「御錠口」の開錠をさせていた事からこの名が付いた。後に火事等の緊急事態を想定して作られたのが「下御鈴廊下」であるとされている。

大奥は大別して広敷向・長局向・御殿向に区画される

大奥広敷向

大奥の事務や警備等を担う男性役人の詰所から成る。
唯一男性も入る事の出来る区画だが、もちろん御殿向と長局向には入れないため、広敷向と各方面との間には御錠口があった。その中でも長局向の出入り口は七ツ口と言う。女中たちの部屋方の出入りや御用達商人からの買い物に用いられたもので、七ツ時(夕方4時)に閉まる事からこの名が付いたとされる。

大奥御殿向

将軍の寝所である御小座敷、御台所の居所である新御殿や御切手の間、側室や世嗣以外の子女の居所、奥女中の詰所などからなる。
長局向
奥女中たちの2階建ての居所である。一之側から四之側までの4棟があり、格式に応じて一之側が上臈や御年寄、二之側、三之側がその他のお目見え以上の女中、四之側がお目見え以下の女中たちに配分された

★★★

有名な大奥の女性

崇源院 - 2代将軍徳川秀忠の正室、3代将軍徳川家光の母。
春日局 - 徳川家光の乳母。
本理院 - 徳川家光の正室。
永光院 - 徳川家光の側室。春日局の死後、局の後継者として大奥を統率したとされる。
宝樹院 - 徳川家光の側室、4代将軍徳川家綱の生母。
順性院 - 徳川家光の側室、甲府宰相徳川綱重の生母。6代将軍徳川家宣の祖母。
桂昌院 - 徳川家光の側室、5代将軍徳川綱吉の生母。
浄光院 - 徳川綱吉の正室。
瑞春院 - 徳川綱吉の側室。
右衛門佐(局) - 徳川綱吉時代に大奥総支配を命ぜられたとされる将軍付上臈(御年寄という説もある)。
天英院 - 徳川家宣の正室。
月光院 - 徳川家宣の側室、7代将軍徳川家継の生母。
絵島 - 徳川家継時代に勢力をふるった御年寄。
広大院 - 11代将軍徳川家斉の正室。
姉小路 - 12代将軍徳川家慶付き上臈御年寄。家慶時代に勢力をふるったとされる。
本寿院 - 13代将軍徳川家定の生母。
瀧山 - 徳川家慶時代から14代将軍徳川家茂時代の御年寄。
天璋院 - 徳川家定の正室。
幾島 - 天璋院付の御年寄。
実成院 - 徳川家茂の生母。
和宮 - 徳川家茂の正室。

大奥 - Wikipedia

★★★

NHK大河ドラマ篤姫


<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第20回「婚礼の夜」

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」20.9%

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」23.1%

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」
尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)は夫婦になりました。

★★★

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia

posted by 江〜篤姫 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大奥とは・・

篤姫★話題・・篤姫の亡くなった年齢は??

★strong>篤姫(宮崎あおい)は、慶応3年(1867年)の江戸城無欠開城のとき、家具調度品を一切持たずに、お城を出たそう。その後、一ツ橋家に身を寄せ、徳川家からの援助で暮らし、徳川宗家16代・家達の養育を楽しみに過ごしたそうです。明治16年(1883年)、脳卒中により死去。48歳でした。

大政奉還、明治新政府発足後は、元大奥女中らの再就職や生活支援に奔走、生活を切り詰め、亡くなったときの所持金は3円(現在の5万円程度)だったそうです。

お墓は東京都台東区上野の寛永寺に夫・家定の墓と並べて埋葬されているそうです。(女性セブンより)

今度、東京に行ったときには、是非、寛永寺に行きたいものです。

★★★

NHK大河ドラマ篤姫

★★★

寛永寺(かんえいじ)

東京都台東区上野桜木一丁目にある天台宗関東総本山の寺院。

山号は東叡山(とうえいざん)。

東叡山寛永寺円頓院と号する。開基(創立者)は徳川家光、開山(初代住職)は天海、本尊は薬師如来である。

徳川将軍家の祈祷所・菩提寺であり、徳川歴代将軍15人のうち6人が寛永寺に眠る。17世紀半ばからは皇族が歴代住職を務め、日光山、比叡山をも管轄する天台宗の本山として近世には強大な権勢を誇ったが、慶応4年(1868年)の上野戦争で主要伽藍を焼失した。
寛永寺 - Wikipedia
posted by 江〜篤姫 at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・話題

2008年05月11日

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」

あおい、アヒルと息ピッタリ!アフラック新CM

★strong>篤姫(宮崎あおい)は、慶応3年(1867年)の江戸城無欠開城のとき、家具調度品を一切持たずに、お城を出たそう。その後、一ツ橋家に身を寄せ、徳川家からの援助で暮らし、徳川宗家16代・家達の養育を楽しみに過ごしたそうです。明治16年(1883年)、脳卒中により死去。48歳でした。

大政奉還、明治新政府発足後は、元大奥女中らの再就職や生活支援に奔走、生活を切り詰め、亡くなったときの所持金は3円(現在の5万円程度)だったそうです。

お墓は東京都台東区上野の寛永寺に夫・家定の墓と並べて埋葬されているそうです。(女性セブンより)

今度、東京に行ったときには、是非、寛永寺に行きたいものです。

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」

家定(堺雅人)との婚儀を前に、篤姫(宮崎あおい)は江戸城大奥に入ります。

1000人を超える女中を差配する大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)から挨拶され、篤姫(宮崎あおい)は身が引き締まる思いがする。
家定(堺雅人)に会えぬ日が過ぎるなか、アメリカが活発な外交交渉を開始。対処のため次期将軍の選定を急ぐ、斉彬(高橋英樹)や、安部正弘(草刈正雄)の動きに、井伊直弼(中村梅雀)strong>は警戒を強めます。

★★★

幾島(松坂慶子)

西郷吉之助小澤征悦

★★★

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」20.9%

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」23.1%

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」
尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)は夫婦になりました。

★★★

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia

posted by 江〜篤姫 at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫

井伊直弼(中村梅雀)

井伊直弼中村梅雀

大老。伝統と血筋を重んじて家茂を将軍に推した。大老就任後は日米修好通商条約を締結し、さらに、慶喜擁立を謀った一橋派を厳しく処罰した。そのため、勤皇の志士に命を狙われ、幕府を揺るがす「桜田門外の変」がおこる。大河ドラマ 篤姫

井伊直弼役中村梅雀さんにインタビュー(NHK篤姫HPより)

大河ドラマ「篤姫」第32回「桜田門外の変」

安政の大獄

井伊直弼(いい なおすけ)は、近江彦根藩の第15代藩主。江戸幕府の大老である

幼名は鉄之介・鉄三郎。号は埋木舎・柳王舎・宗観。

第11代藩主・井伊直中の十四男。本来ならば他家に養子に行く身であったが、兄で12代藩主・井伊直亮の養子となる。その後、家督を継ぎ第13代藩主となる。大老に就任して事実上の幕府最高権力者となり安政の大獄を行なって反対派を処罰したが大獄に対する反発から桜田門外において水戸脱藩藩士らに暗殺された(桜田門外の変)。

家督相続まで [編集]
文化12年(1815年)10月29日、第11代藩主・井伊直中の14男として近江国犬上郡の彦根城(現在の滋賀県彦根市)で生まれる。幼名は鉄之介、後に通称は鉄三郎。諱は当初、直輔。

庶子であったため、養子の口も無く[1]、17歳から32歳までの15年間を300俵の捨扶持の部屋住みとして過ごした。この間、長野主膳と師弟関係を結んで国学を学び、自らを花の咲くことのない埋もれ木にたとえ、埋木舎(うもれぎのや)と名付けた住宅で、世捨て人のように暮らした。この頃熱心に茶道(石州流)を学んでおり、茶人として大成する。そのほかにも和歌や鼓、禅、槍術、居合術を学ぶなど、聡明さを早くから示していた。その頃「チャカポン(茶・歌・鼓)」とあだ名された。

ところが弘化3年(1846年)、第14代藩主で兄の直亮の世子であった井伊直元(直中11男、これも兄にあたる)が死去したため、兄の養子という形で彦根藩の後継者に決定し、従四位下侍従兼玄蕃頭に叙位・任官する。嘉永2年(1849年)には左近衛権少将に遷任し、玄蕃頭を兼任した。

嘉永3年(1850年)、直亮の死去を受け家督を継いで第15代藩主となり、掃部頭(かもんのかみ)に遷任する。

彦根藩時代は藩政改革を行ない、名君と呼ばれたと言われる。

嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国のペリー艦隊来航に伴う江戸湾(東京湾)防備に活躍したが、老中首座の阿部正弘がアメリカの要求に対する対策を諮問してきたときには、「臨機応変に対応すべきで、積極的に交易すべきである」と開国論を主張している(ただし、直弼の開国論を「政治的方便」とする説もある(後述))。

安政2年(1855年)、左近衛権中将に遷任し、掃部頭は兼任となる。安政4年(1857年)、従四位上に昇叙される。

このころ幕政は、嘉永から安政年間にわたって老中首座の阿部正弘によってリードされていた。阿部は、幕政を従来の譜代大名中心から雄藩(徳川斉昭、松平慶永ら)との連携方式に移行させ、斉昭を海防掛顧問(外交顧問)として幕政に参与させた。斉昭はたびたび攘夷を強く唱えた。しかしこれは、溜間(江戸城で名門譜代大名が詰める席)の筆頭であり、また自ら開国派であった直弼としては許しがたいものであった。直弼ら溜間詰諸侯と、阿部正弘・徳川斉昭の対立は、日米和親条約の締結をめぐる江戸城西湖の間での討議で頂点に達した。このため斉昭は阿部に迫り、老中の松平乗全、松平忠固の2名の更迭を要求する。

安政2年(1855年)8月4日、阿部はやむなく両名を老中から退けた。乗全、忠固はともに開国・通商派であり、また乗全と直弼は個人的に書簡をやり取りするほど親しかったからである。直弼は猛烈に抗議し、溜間の意向を酌んだ者を速やかに老中に補充するよう阿部に迫った。阿部はこれまたやむなく溜間の堀田正睦(開国派、下総佐倉藩主)を老中首座に起用し、対立はひとまず収束したが、これは乗全、忠固の罷免に対して、直弼を筆頭とする溜間諸侯が一矢報いた形といえる。

安政4年(1857年)、阿部正弘が死去すると堀田正睦は直ちに松平忠固を老中に再任し、幕政は溜間の意向を反映した堀田・松平の連立幕閣を形成した。さらに第13代将軍・徳川家定の継嗣問題で紀伊藩主の徳川慶福を推挙し、一橋慶喜を推す一橋派の徳川斉昭との対立を深めた。


「井伊直弼大老職就任誓詞控」松平忠固や水野忠央(紀州藩付家老)ら南紀派の政治工作により 安政5年(1858年)4月23日、直弼は江戸幕府の大老に就任した。就任直後の6月19日、直弼は孝明天皇の勅許を得られぬまま アメリカと日米修好通商条約に調印し、無勅許調印の責任を、自派のはずの堀田正睦、松平忠固に着せ、両名を閣外に逐い、かわりに太田資始、間部詮勝、松平乗全の3名を老中に起用し、尊皇攘夷派が活動する騒擾の世中にあって、強権をもって治安を回復しようとした。病弱な将軍・家定の後継問題では紀州藩主の徳川慶福を擁立して第14代将軍徳川家茂とし、一橋慶喜を推薦する水戸徳川家の徳川斉昭や松平慶永らを蟄居させ、川路聖謨、水野忠徳、岩瀬忠震、永井尚志らの有能な吏僚らを左遷した。

また閣内でも直弼の方針に反対した老中・久世広周、寺社奉行・板倉勝静らを免職にした。故に尊王志士達から憎まれた。安政6年(1859年)、正四位上に叙せられるが、太田資始、間部詮勝も罷免、更に孤立した。

直弼の対応に憤った水戸藩士らは朝廷に働きかけ、孝明天皇は戊午の密勅を水戸藩に下し、武家の秩序を無視して大名に井伊の排斥を呼びかける。前代未聞の朝廷の政治関与に対して幕府は態度を硬化させ、直弼は水戸藩に密勅の返納を命じる一方、間部詮勝を京に派遣し、密勅に関与した人物の摘発を命じる。こうして開始した安政の大獄において多数の志士(活動家)や公卿(中川宮朝彦親王)らを粛清したが、尊攘派の怨嗟をうけ、安政7年(1860年)3月3日に江戸城桜田門付近において水戸藩浪士に暗殺された(桜田門外の変)。享年46(満44歳没)。

後を次男・井伊直憲が継いだが、文久2年(1862年)、安政の大獄を行なったことを罪にされて、幕命により彦根藩は10万石減封されている。 墓所は井伊家の菩提寺である豪徳寺(東京都 世田谷区)。茨城県水戸市所在の妙雲寺には直弼の慰霊碑が建てられている。

部屋住みの時代に儒学、国学、曹洞宗の禅、書、絵、歌、剣術・居合・槍術・弓術・ 砲術・柔術などの武術、茶の湯、能楽などの多数の趣味に没頭していた。特に居合では新心流から新心新流を開いた。茶の湯では「宗観」の名を持ち、石州流を経て一派を確立した。著書『茶湯一會集』巻頭には有名な「一期一会」がある[2]。他に『井伊大老茶道談』などを著している。能楽方面では能面作りに没頭し、能面作りに必要な道具を一式揃えていた。また、新作狂言「鬼ヶ宿」の制作や、廃曲となっていた「狸の腹鼓」の復曲(いわゆる「彦根狸」)を試みるなど、狂言作者としての才能も持っていた。
井伊家の館からは維新後、直弼の遺品と思われる大量の洋書や世界の地図等が発見されており、「開国と富国強兵こそ日本が生き残る道」と考えていたという彼の志と博識が伺える。
安政の大獄における過酷な処分は多くの人々から恨まれ、彦根藩祖である直政同様に「井伊の赤鬼」といわれた。ただし直政の場合は畏敬の念が含まれていたが、こちらは憎しみのあまりである。また、直弼を指す隠語として「赤鬼」という語を用いる場合がある。対比として、間部詮勝は青鬼といわれた。
桜田門外の変による暗殺が、直弼の強権的な手腕で回復しかけていた幕府権威を衰退させるきっかけとなったという見方がある一方、その強権的な手腕で断行した安政の大獄では攘夷派のみならず開国を推し進めた開明派官僚まで大量に追放したため、幕臣からモラルや人材が失われ、幕府滅亡の遠因になったという見方もある。
直弼は「開国を断行して日本を救った政治家」という評価もある。彼のような人物が現れて開国を行なわなければ、日本の歴史は大きく変わっていたといえる。その意味で直弼は幕末政治を語る際には欠かすことのできない一人である。ただし開国に関しては阿部正弘のころからの既定路線であり、それまで綿密に進められた水戸や薩摩といった雄藩や朝廷への根回しや海外事情の調査、開明派の人材登用による開国体制の構築が直弼の強引な手法により瓦解し、大混乱を招いたともいえる。
直弼が開国を唱えたり条約に調印したのは水戸や薩摩などの有力諸侯による幕政への介入に対抗するための一時の方策であり、直弼自身は江戸幕府が国政の実権を回復した後に幕府とこれを支える親藩・譜代大名が主体となって攘夷を行うべきであるとする一貫した攘夷論者であったとする見方もある[3]。この見解によれば、安政の大獄による有力諸侯や攘夷派の処罰も、直弼が条約締結の裏で進めていた攘夷(鎖国への復帰)も、「幕府の権威回復による旧体制への回帰」という路線上にある方針であるとされている。司馬遼太郎のように「攘夷派を弾圧したが開明論者でもなく西洋嫌いであった(『花神』の記述を要約)」と彼に対して厳しい評価をする者もいる。
彦根城内の他に横浜市の掃部山公園内に、開国断行を顕彰して、元藩士らにより銅像が建てられている。
彦根市と水戸市は、明治百年を契機に歴史的わだかまりを超え、昭和43年(1968年)に「親善都市」提携を行った。
肖像画は狩野永岳の作と、直弼の四男・井伊直安の作が知られている。

井伊直弼 - Wikipedia
posted by 江〜篤姫 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・キャスト

2008年05月07日

あおい、アヒルと息ピッタリ!アフラック新CM

あおい、アヒルと息ピッタリ!アフラック新CM
 女優、宮崎あおい(22)が出演するアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)のテレビ新CM第5弾が、9日から全国でオンエアされる。

 新CM「アヒルのワルツ(5) 日曜の朝」篇は、朝日が差し込む洗面台で身支度を整えるという設定。宮崎がアヒルの寝ぐせを直すシーンや世界初?のアヒルのうがいなど、2人の心温まる交流を通じて、同社商品〈EVER〉の一生涯の保障を約束する“一生いっしょの医療保険”であることを表現している。

 宮崎は5度目となるダックとの息の合った共演に「楽しい幸せな時間でしたね」と笑顔で語った。


壊れちゃった?宮崎あおいウ○コに喜々

宮崎あおい、クドカン監督と離れたくない

宮崎あおい、小児がんと闘う子供たちに千羽鶴贈る
宮崎あおいが宮藤作品で主演
<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

NHK大河ドラマ篤姫

大河ドラマ 篤姫
http://www3.nhk.or.jp/taiga/
posted by 江〜篤姫 at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・宮崎あおい

2008年05月04日

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」

★安政3年1856年、下田にアメリカ総領事ハリスがやってきました。
ハリスは、玉泉寺を総領事館に定め、3年間滞在し、通商条約の協定の仕事にいそしみました。

同じ年、11月・・・江戸に出てきて2年、21歳になった、篤姫(宮崎あおい)は大奥入りしました。

尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)は夫婦になりました。

大奥・年寄、滝山(稲森いずみ)が登場しました。

★★★


<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」

江戸を襲った安政の大地震の影響で、篤姫(宮崎あおい)のこしいれは再び白紙に戻されます。

篤姫(宮崎あおい)が江戸の薩摩藩邸で暮らし始めて2年、篤姫(宮崎あおい)は21歳になっていました。

長らく待たされる幾島(松坂慶子)らにはいらだちの声も。

篤姫(宮崎あおい)は・・

婚礼の日を待つうちに、疑り深くなってしまいました・・。来るなと言われている気がしてならない・・・

しかし、こうして待ち続ける日々が私を強くしてくれるように思う。

鋼が火に打たれ強くなるように・・・。

いつかきっと役にたってくれると思う・・


「姫さま、あっぱれな心意気でございます・・」幾島(松坂慶子)

★★★

一方、尚吾郎(瑛太)は お近(ともさかりえ)との縁組が決まったものの、戸惑いの気持をふっきれません。

3男である、尚吾郎(瑛太)にとって小松家への養子縁組の件は、願ってもないお話なのですが・・。

結婚に気乗りのしていない尚吾郎(瑛太)を気遣い、お近ともさかりえ)は

「縁談をお断りいただきたいのです。私は、7歳年上で、しかも体が弱く、季節の変わり目には寝込んでしまうことも多いのです。できることといえば、香をたしなむことぐらい・・・。
とにかくとりえのない役に立たないおなごなのです」と縁組を断ってくれと頼んできます。

尚吾郎(瑛太)は・・

受け止めきれないことばかりだったのだといい、

「お近さんは、人の痛みがわかる筋の通った人だと思います。江戸へいけず気落ちした私を慰めてくれたではありませんか。やけになり、すさんだ私を叱ってくれたではありませんか・・・今、決心しました。私のような者でよければ妻になってください。私はまず、小松家を、あなたを守りたいと思います・・。決め手ができたのです。」

★★★

月日がたち、安政3年2月、ようやく、老中・阿部正弘(草刈正雄)より篤姫(宮崎あおい)の婚儀に関する通達が出されました。

篤姫(宮崎あおい)は、右大臣・近衛忠ヒロ(春風亭小朝)様との父と娘の縁組の儀式を行い、婚儀は12月18日、大奥入りは11月11日と決まりました。

篤姫(宮崎あおい)が大奥入りする前日、斉彬(高橋英樹)は、篤姫(宮崎あおい)を呼び寄せます。

篤姫(宮崎あおい)の役目は、家定(堺雅人)様を支えお助けすること・・お世継ぎを作ること・・もしお世継ぎが出来なければ・・・・次の将軍を慶喜様と決定するよう進言こと・・・国のために・・・というものでした・・。

篤姫(宮崎あおい)は・・

「一命にかえましても、そのお役目必ずや果たしてみせます・・」

篤姫(宮崎あおい)幾島(松坂慶子)

「私にできると思うか??」と問います。

幾島(松坂慶子)

「さあ・・。しかし、姫さまを決しておひとりには致しません」

★★★

英姫(余貴美子)さまに呼ばれる篤姫(宮崎あおい)・・

素顔を見せ、「風が気持いい・・そなたとはへだてなく話しがしたかった・・・2度と会うことはないだろう・・御台所の勤めをしかと果たすように・・。そなたのことは決して忘れはしない・・さらばじゃ。


★★★

西郷吉之助小澤征悦

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia



posted by 江〜篤姫 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫

幾島・松坂慶子

幾島・松坂慶子

篤姫付き老女。篤姫を、江戸の社交界にデビューさせるために「姫」としての教育をたたきこむ。幾島の厳しい躾に、篤姫は反発するが、江戸城に入ってからは篤姫の「無二の戦友」となる。大河ドラマ 篤姫

松坂慶子(まつざか けいこ、1952年7月20日 - )

東京都大田区出身。本名は高内慶子。父親は在日韓国人。母親は日本人。日本に帰化[1]。小学2年生の時『くるみ児童合唱団』に入団。中学時代には演劇部に所属。中学3年生で「劇団ひまわり」に入団。

1967年、『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』でテレビ初出演。日本大学第二高等学校に進学[2]。高校時代にスカウトされ、1970年に大映で本格的に映画デビュー。1972年に松竹へ移る。

1979年に、ドラマシリーズ『木曜座・水中花』[3](原作・五木寛之)において、自らテーマソング『愛の水中花』を歌うとともにバニーガール役に挑戦し、セクシー女優としての地位を固めたことで一躍ブレイクし、1980年代には『青春の門』『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』『蒲田行進曲』『火宅の人』『椿姫』『死の棘』などの映画や、『春の波涛』などのテレビドラマに出演し、女優としての地位を確立した。

1991年、ジャズギタリストの高内春彦と結婚し、一時期米国に移住したが、結婚にまつわる騒動[4]が収束して以降は、再び日本で女優として活躍を続けている。

2000年には、「東京電話」のCMで大根を持った主婦をコミカルに演じて新たなイメージを開拓した。

2002年にはヘアヌード写真集『さくら伝説―松坂慶子写真集』(なかにし礼原作・監修)をヒットさせた。

2005年8月29日に大塚食品が発売した「ボンカレークラシック」での外箱のキャラクターを、松山容子に代わり、務めることになった[5]。同年の秋にはドラマ『熟年離婚』に主演し、渡哲也が演じる夫に離婚を切り出し自分の人生を新たに切り開く主婦役を好演した[6]。さらに同年12月放送の『ウリナリ芸能人社交ダンス部』では、ダイナミックに動きキレのある社交ダンスを披露し、初出場ながら優勝するなど、年齢を感じさせない美貌と体力を保っている
松坂慶子 - Wikipedia
posted by 江〜篤姫 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・キャスト

近衛忠熙(春風亭小朝)

近衛忠熙春風亭小朝

五摂家筆頭、近衛家当主。島津家は、もともと近衛家の流れを汲む家柄。しかも忠熙の正室は斉彬の姉であり、斉彬とは非常に親しい間柄だった。篤姫は、斉彬の養女となった後、さらに忠熙の養女として、将軍・家定に嫁いだ。篤姫にとっては、三番目の父となる。のちに忠熙は、皇女・和宮による公武合体を強力に推進することになり、篤姫の人生に強い影響を与え続ける。大河ドラマ 篤姫

春風亭小朝(しゅんぷうてい こあさ 1955年3月6日 - )は、落語家、俳優。東京都北区出身。東京電機大学高等学校卒業。本名は花岡 宏行(はなおか ひろゆき)。前座名は春風亭 小あさ(読み同じ)。出囃子は『さわぎ』。キャッチフレーズは『横町の若様』。有限会社春々堂所属 春風亭小朝 - Wikipedia

小朝&泰葉離婚…20年目のど〜もすいません
posted by 江〜篤姫 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・キャスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。