2008年06月14日

現存最大の墓誌出土…徳川将軍家、大奥の華麗な副葬品も

現存最大の墓誌出土…徳川将軍家、大奥の華麗な副葬品も
2008年6月9日(月)23時51分配信 読売新聞

13代将軍家定正室の墓誌

 徳川将軍家の菩提(ぼだい)寺、東京・上野の寛永寺にある将軍家墓所から、現存最大の墓誌や豪華な副葬品が出土したと、発掘調査を行っている近世墓所調査団が9日、発表した。

 調査は墓所の改葬に伴うもので、昨年6月に始まった。

 これまで将軍の生母、正室、子女らの墓所25基のうち、16基が終了した。名誉団長の坂詰秀一・立正大名誉教授は「大奥のタイムカプセルが開いた」と成果を評価している。

 調査の結果、遺体を納めた石櫃(せきひつ)、石槨(せっかく)のふたの裏面に刻まれた墓誌のうち、12代家慶(1793〜1853年)の正室・浄観院、13代家定(1824〜58年)の正室・澄心院の墓誌は、縦横各2・9メートル、重さ4・9〜5・3トンと判明。日本に現存する墓誌としては最大であることが分かった。

 また、遺体の傍らには大奥の華麗な生活を物語る多様な副葬品も確認された。水晶製の数珠や、水晶の容器入りの仏舎利、金銅や黒漆塗りの厨子(ずし)に入った念持仏などが出土した。

---------------------

<徳川将軍家墓所>「大奥が相当の実権か」調査団中間報告
2008年6月9日(月)23時30分配信 毎日新聞

調査が行われている寛永寺谷中徳川家近世墓所で発掘された墓誌=東京都台東区上野桜木

-PR-
 東京都台東区・谷中にある寛永寺徳川将軍家墓所を調査している「寛永寺谷中徳川家近世墓所調査団」(名誉団長、坂詰秀一・立正大名誉教授)は9日、中間報告を行った。将軍家の墓所に本格的な学術調査が入るのは初めて。

 墓所は総面積4500平方メートル。八代吉宗の生母をはじめ、「お裏方」と呼ばれた御台所(みだいどころ)や側室の墓25基があり、三代家光の五男から昭和に至るまでの徳川宗家の妻子69人が葬られている。

 墓石の色調は7種ほど。調査を終えた16基のうち、十二代将軍正室の浄観院(1840年没)の墓誌は2.9メートル四方で「現存する中では最大。今回最も価値のある発見」(調査団)という。木棺には水銀朱が充てんされていたため、遺骨や副葬品は朱色に染まっていた。扇や化粧道具、眼鏡や義歯も見つかった。

 調査委員の竹内誠・江戸東京博物館館長は「大奥が相当の実権を握っていたらしいことが近年、文献から明らかになってきた。今回の調査でそれが裏付けられそうだ」と話す。

 調査は墓所の改葬に伴い昨年6月に始まった。調査結果は報告書にまとめられるが、遺物の一般公開予定はない。【斉藤希史子】

--------

化粧道具や人骨が出土 2008年6月9日(月)19時59分配信 共同通信

 東京・谷中霊園の徳川家墓所を調査した「寛永寺谷中徳川家近世墓所調査団」は9日、13代将軍家定の正室らの墓から、眼鏡や化粧道具などの副葬品や人骨が見つかったと発表した。石室のふた裏面に被葬者の経歴が記されており、日本に現存する墓誌としては最大という。同調査団は「今秋までに発掘を終わらせ、人骨のDNA分析などを行い、大奥の謎に科学的に迫りたい」と話している。

------------


posted by 江〜篤姫 at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大奥とは・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。