2008年06月30日

NHK大河ドラマ篤姫第26回「嵐の建白書」その1

堀北真希、松田翔太が和宮と家茂の墓参り
堺雅人 今や“ドラマ・映画のヒットの陰にこの男あり”と大評判
好調「篤姫」の宮崎あおいがスタッフと衝突か

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第26回「嵐の建白書」6/29

★★★

「おいしい!!」篤姫(宮崎あおい)

「ポルトガルの菓子じゃ」家定堺雅人

「甘くて柔らかくて口の中がとろけそうにございます」篤姫(宮崎あおい)

「極楽の味じゃ」家定堺雅人

「そろそろうつけのふりはおやめになっては??いざというとき、上様の言うことを聞いてくださらないのでは??」篤姫(宮崎あおい)

「逆ではないか??うつけとばかり思っておったわしがある日、真顔で何かを言う、誰もが震え上がり、ワシの前にひれふれするであろう・・・わはははは・・・嘘じゃ・・・そのようなつもりはない、今はただ自然の流れに任せるだけじゃ・・・ハリスの件も次期将軍の件も・・・とにかくもっと食べよ、うまいものを食せばよい考えも浮かぶというものじゃ」家定堺雅人

★★★

次期将軍を巡る争いが本格化しています。紀州の徳川慶福松田翔太)を推す井伊直弼(中村梅雀)は同じく徳川慶福松田翔太)を推す、大奥本寿院高畑淳子)と会見し、契約を結びます。

「推すも推さぬも、次の将軍は紀州さま(徳川慶福松田翔太))のほかに考えられません」井伊直弼(中村梅雀)・・

「これからもなにかあったら頼みますぞ、今この城中で信じられるのはそちのみじゃ」本寿院高畑淳子



斉彬高橋英樹)から徳川慶喜(平岳大)を次期将軍にせよとの密命を帯びて、大奥に入った篤姫(宮崎あおい)はますます追い詰められます。

★★★

その頃、薩摩では・・

小松帯刀瑛太(えいた)は斉彬(高橋英樹)より

帯刀清廉」(たてわききよかど)・・帯刀は小松家に代々伝わる由緒ある名、清廉は、亡くなった清もちの一文字とそちの清廉潔白な人柄から・・・この名をそちに与えよう・・・アメリカとの談判しだいでは、薩摩は真っ先に西洋諸国の砲火をあびるかもしれない、そちには万が一に備えて、西洋式の軍隊を用意し、十分に訓練しておくように・・・そちにはその任にあたってほしい」・・

斉彬(高橋英樹)の本当のねらいは・・と聞く小松帯刀・帯刀清廉瑛太(えいた)・・・

「ふるい幕府を壊したいのじゃ・・新しい日本を起こしたい・・」

古い幕府にいる篤姫(宮崎あおい)はどうなるのかと問う小松帯刀・帯刀清廉瑛太(えいた)に、斉彬(高橋英樹)は、

篤姫(宮崎あおい)の身はなにがあっても守る・・幕府に建白書を出した・・」

この状況を打開するため、斉彬高橋英樹)は幕府に建白書を提出し、「通商は認めるべきで、条約調印はやむをえず、人身を一新し・・一日も早く徳川慶喜(平岳大)を次期将軍に・・」との将軍継の件における自らの立場を表明します。

大藩・薩摩から出されたこの建白書は、大奥に届けられ・・・

本寿院高畑淳子)は・・怒りに体を震わせます

「薩摩めが・・・本性をみせおった・・こそこそとやっておるなら可愛げもあろうものの、堂々と建白書を差し出すなど、盗人猛々しいとはこのことじゃ!!!万が一にも、徳川慶喜(平岳大)が将軍になるようなことあらば、篤姫(宮崎あおい)を殺し、私も自害する!!!」

★★★

本心では、徳川慶福松田翔太)こそ将軍にふさわしいと考える篤姫(宮崎あおい)でしたが、斉彬(高橋英樹)が建白書を提出したと聞き、いつまでもぐずぐずしていて話しが進まないからだと斉彬(高橋英樹)を追い詰めてしまったことに責任を感じます。

ハリスとの話し合いは、神奈川と長崎のほかにも大阪も港を開けと爪の協議が重ねられ、12月29日・・

「他の国との貿易はやむを得ぬと思います」老中・堀田正睦(辰巳拓郎)将軍・徳川家定堺雅人に報告します

夜、囲碁をしながら・・

将軍・徳川家定堺雅人は・・・

「運命の巡り会わせとは皮肉なものじゃのう、わしのようなやる気のない将軍がとんでもない時代に居合わせてしまったものじゃ・・(開国について)時がきたということかもしれんのう、戦になることよりも上手く国を開くやり方を考えるべき・・年が明けたら、老中堀田正睦(辰巳拓郎)が京に行く・・270年、閉じていた国を開くのじゃ、帝の許しを得れば文句を言うものはおるまいと自信満々に言っておった・・・」

篤姫(宮崎あおい)は・・

「そうでしょうか・・・帝は大の異人嫌いで、しきりに攘夷をとなえておいでと聞いております。容易にことが運ぶとは思えませんが・・」

「薩摩からの建白書はみたぞ・・島津の父も動き出さねばならなくなったのう」将軍・徳川家定堺雅人

「父にあそこまでさせたのはワタクシでございます。・・お願いがございます・・どうか次の将軍を、徳川慶喜(平岳大)どのにしていただけませんでしょうか・・・」篤姫(宮崎あおい)

「つまり父の思いに従うということじゃな・・」

「違います・・これはワタクシの考えにございます・・」

「そちは、徳川慶福松田翔太)のほうが、徳川慶喜(平岳大)より将軍にふさわしいといったではないか・・

NHK大河ドラマ篤姫第23回「器くらべ」その2・慶福(松田翔太)登場

もう、よい・・今夜はこれまでじゃ・・そなただけは信ずるに値する女子じゃと思っておったが・・・」

★★★

あけて、安政5年1月8日・・

老中堀田正睦(辰巳拓郎)が孝明天皇から条約締結の許しを得るため江戸を出発。

西郷吉之助(隆盛)・小澤征悦は斉彬(高橋英樹)の命を受け、徳川慶喜(平岳大)を将軍にするために動いていました。

越前藩邸で・・

越前藩主・松平慶永は越前藩士・橋本左内と西郷吉之助(隆盛)・小澤征悦

「老中堀田正睦(辰巳拓郎)には、井伊直弼(中村梅雀)の息が掛かっている、孝明天皇にあって紀州さま(徳川慶福松田翔太)を将軍にという許しを得ようとの腹積もりだろう。なんとしても食い止めねばならない・・・


井伊直弼(中村梅雀)は・・

「一橋派も京に人を差し向けるであろう・・」

開国と将軍継嗣・・問題の舞台は京に移っていきました・・・。


NHK大河ドラマ篤姫音楽:芳俣涼・脚本:田淵由美子

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第25回「母の愛情」視聴率22.6%
NHK大河ドラマ篤姫・第16回〜第24回

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

大奥とは

★★★

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

2010年度の大河ドラマは『龍馬伝』に決定! 主役は「“大人”の俳優に・・・」6月5日

常盤貴子に長澤まさみ「09年大河」気になる配役事情6月4日
北村一輝が準主役!妻夫木が仕える武将・上杉景勝

★★★
宮崎あおい、篤姫で初栄冠…第45回ギャラクシー賞



<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

大河ドラマ篤姫で家定の母・本寿院を熱演中・高畑淳子さん「スタジオパークからこんにちは」に登場

現存最大の墓誌出土…徳川将軍家、大奥の華麗な副葬品も

家定役の堺雅人さんは、7月5日公開の映画クライマーズ・ハイ」(堤真一主演)に 地方新聞社の社会部記者役で出演。役づくりについて家定役の堺雅人さんは「記者はとにかく肉が好きで、焼き肉ばっかり食べてると分かった。狩猟の本能というか。僕も肉食にしてみました」と話しているそうです。
堤真一「新聞記者なら徹底的に闘いたい」

好調「篤姫」の宮崎あおいがスタッフと衝突か



posted by 江〜篤姫 at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。