2008年08月25日

大河ドラマ「篤姫」第34回「公家と武家」

「土曜スタジオパーク」篤姫で和宮皇女を演じるに堀北真希さん登場・その2
「土曜スタジオパーク」篤姫で和宮皇女を演じるに堀北真希さん登場

★★★

「篤姫」過去最高27・7%
大河「篤姫」はいよいよ30%超えか
「篤姫」視聴率26・4%、内柴金を上回る


NHK大河ドラマ篤姫第34回「公家と武家」(8月24日放送分)

天皇の妹が将軍の妻として関東に嫁ぐ・・日本の歴史始まって以来初めての出来事でした。

孝明天皇を動かしたのは、幕府の攘夷実行の約束でした。

和宮は、幕府に攘夷を実行させるといい使命を背負い、江戸にやってくることになったのです・・

NHK大河ドラマ「篤姫」第33回「皇女和宮」

★★★

天璋院篤姫宮アあおい)は、新しく御台所となる和宮堀北真希)のために、自分の部屋を明け渡しました。

盛大に迎えようと張り切る天璋院宮アあおい)であったが、朝廷からこし入れ後も身の回りはすべて御所風にて暮らすとの5か条の要求を突きつけられる。

「これまでに例のない婚儀じゃ、まずはどっしりと構えるのが一番・・いちいち騒ぐでない・・」天璋院篤姫宮アあおい

それにより、江戸方と京方との衝突がくすぶり始めた。

そして、ついに和宮堀北真希)は中仙道をくだり、11/15に江戸城・清水家上屋敷に入りました。

「こちらはすべて御所風でまいりますので・・」と食事もお召し物の断られたとのこと・・・

将軍・徳川家茂松田翔太)は・・「今、我々にできることをしましょう・・」

★★★

その頃、薩摩では、尊皇攘夷の志に燃える誠忠組の方々がやり場のない思いをたぎらせておりました。

「勘弁ならん、幕府は陰謀をめぐらし婚儀を無理強いさせた。将来ことあらば和宮さまは人質じゃ」有馬新七的場浩司

国父:島津久光山口祐一郎)に小松帯刀瑛太)は

「このまま公武合体が進めば、幕府は朝廷の言いなりになって無謀な攘夷実行となること間違いありません。斉彬さまは力のある諸侯が日本の政に関わって大国と互角に渡り合える国を作ることが大事と仰せでした。

しかしこのままでは、われら薩摩は日本国の政に関わることはかないません。

幕府が姑息な手段で朝廷の力を借りたとしても政を一新しなければいずれは外国に責めこまれ清国の二の舞になってしまいます・・」

国父:島津久光山口祐一郎)は

「今こそ、幕政改革のときだと申すか・・」

小松帯刀瑛太)は

「この薩摩が幕政改革に名乗りを挙げるのです・・」

大久保利通(原田泰造)も同じ意見でした。

島津久光山口祐一郎)は・・

「都へ参る!!」

大久保利通(原田泰造)

「もうひとつお願いが・・奄美にいる西郷吉之助(小澤征悦)を呼び戻していただきたい・・京へ登るとなれば絶対必要です・・」

★★★

江戸では、和宮堀北真希)が、江戸城大奥へ入る日がやってまいりました。

徳川家茂松田翔太)との婚儀は来年2月と決まり、徳川家茂松田翔太)との体面となりました。

徳川家茂松田翔太)に対し、「鬼である」と教えられ不安を抱いていた和宮堀北真希)であったが、眼前に現れた。徳川家茂松田翔太)はやさしく凛としていて、和宮堀北真希)は一目でひかれ始めます……。


有馬新七的場浩司
薩摩藩士。西郷や大久保をはじめ、のちの精忠組らと付き合い、彼らの尊王思想に火をつけた。無類の酒好き、そして旅好き。久光上京の折により過激な行動をしようと計画したが、同じ薩摩藩士に寺田屋で鎮撫され殺害される。大河ドラマ 篤姫

★★★

NHK大河ドラマ「篤姫」第33回「皇女和宮」27.7%

大河ドラマ「篤姫」第32回「桜田門外の変」26.4%

大河ドラマ「篤姫」第31回「さらば幾島」24.6%

NHK大河ドラマ『篤姫』第25回〜第30回

★★★

堀北真希と松田翔太の人気俳優2人が語る『篤姫』に対する思い
井伊直弼役中村梅雀さんにインタビュー(NHK篤姫HPより)


重野役中嶋朋子さんにインタビュー(NHK篤姫HPへより)
強い「篤姫」女性つかむ 大河ドラマ高視聴率

)大河ドラマ 篤姫:家定から篤姫へ・・堺雅人さんインタビュー(NHK篤姫HPより)

★★★

NHK大河ドラマ『篤姫』第25回〜第30回

NHK大河ドラマ篤姫・第16回〜第24回

NHK大河ドラマ篤姫音楽:芳俣涼・脚本:田淵由美子

大河ドラマ 篤姫 http://www.nhk.or.jp/taiga/

天璋院 - Wikipedia

大河ドラマ 篤姫 http://www3.nhk.or.jp/taiga/

篤姫 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

NHK篤姫」 : 大河ドラマ情報


posted by 江〜篤姫 at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。