2008年10月13日

NHK大河ドラマ「篤姫」第41回「薩長同盟」

チューボーですよにゲスト出演、松田翔太さん
ホマキ、初のセミヌードショット

高畑淳子 降板も考えた…まぶた垂れて手術
コメンテーターとして活躍しそうな脚本家「田渕久美子」
『篤姫』視聴率28.1 %、最高記録を更新

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第41回「薩長同盟」(10/12)

慶応元年4月末、長州攻めのため徳川家茂松田翔太)が出陣する日が近づいていました。

徳川家茂松田翔太)は、出陣の前に次期将軍は田安家の亀之助(3歳)を推したいと、天璋院篤姫宮アあおい)に告げます。

世継ぎを決めておけば、自身に万一のことがあろうとも将軍継嗣争いは起こらぬと考えたのでした。

徳川家茂松田翔太)は、「戦を一刻も早く終わらせるために出陣するのです。」

笑って送りだそうと決めた、天璋院篤姫宮アあおい)に対し、ただ無事であって欲しいと願う、和宮堀北真希)。

2人の心の溝はいまだ埋まらない。そんな折、観行院(若村麻由美)が亡くなり、、和宮堀北真希)は心の支えを失う。

一方薩摩では、小松帯刀瑛太)が坂本龍馬玉木宏)と共に、これまで反目しあってきた薩摩と長州とが手を結び、幕政改革を行うことを構想する。

京都へ向かった、小松帯刀瑛太)は、芸妓の琴花・お琴(原田夏希)との運命的な出会いを果たす。

小松帯刀瑛太)に惹(ひ)かれた琴花・お琴(原田夏希)は、小松帯刀瑛太)の屋敷に住むことになる。

慶応2年、家茂上洛から半年以上経ても何の動きもないことに疑問を抱く、天璋院篤姫宮アあおい)は、勝燐太郎(北大路欣也)を通じて、薩摩と長州が急接近しており、その働きかけが、小松帯刀瑛太)によるものであると知り驚がくする。

そんな中、京都の小松屋敷ではいよいよ薩長同盟が結ばれようとしていた。
(慶応2年1月21日)

★★★

重野(中嶋朋子)

歌橋(岩井友見)

お龍市川実日子)坂本龍馬の妻。京都の薩摩藩邸で西郷隆盛の媒酌で坂本龍馬と結婚した。龍馬とともに薩摩を訪れ、小松帯刀の家に滞在。日本人初の“新婚旅行”とも言われている。大河ドラマ 篤姫

市川実日子いちかわみかこ、1978年6月13日 - )は、日本の女性ファッションモデル・女優。東京都大田区出身。血液型A型。身長169cm。所属事務所はラウダ。姉は同じくモデル出身の女優の市川実和子。映画『めがね』(荻上直子監督、2007年)。ドラマ『すいか』(日本テレビ系列、2003年)-芝本ゆか役、『喰いタン2』(2007年、日本テレビ系列) - 出水京子役
市川実日子 - Wikipedia

★★★

NHK大河ドラマ「篤姫」第40回「息子の出陣」28.1%
NHK大河ドラマ「篤姫」第39回「薩摩燃ゆ」24.7%
NHK大河ドラマ『篤姫』第25回〜第39回

薩長同盟

薩長同盟 (さっちょうどうめい)は、江戸時代後期の慶応2年1月21日(1866年3月7日)に幕末の薩摩藩と長州藩の間で締結された政治的、軍事的同盟である。薩長盟約、薩長連合ともいう。

幕末の政治世界で影響力を持った薩摩藩と長州藩は討幕の思想では共通していたが、西郷隆盛・大久保利通らの薩摩は、1864年(元治元年)の会津藩と協力した八月十八日の政変や禁門の変で長州を京都から追放し、第一次長州征伐(幕長戦争)などで薩摩が長州を屈服させて以来感情的には敵対していた。長州、薩摩共に伝のある土佐藩脱藩の坂本龍馬や中岡慎太郎の斡旋により、主戦派の長州藩重臣である福永喜助宅において会談が進められ、下関での会談を西郷が直前に拒否する事態もあったが1月21日(22日説も)京都薩摩藩邸(京都市上京区)で坂本を介して西郷隆盛、薩摩藩家老の小松帯刀と長州藩の木戸孝允(当時は桂小五郎)が倒幕運動に協力する6か条の同盟が成立した。

提携内容(6ヶ条)
一、戦いと相成候時は、すぐさま二千余の兵を急速差登し、只今在京の兵と合し浪華へも一千程は差置き、京阪両所相固め候事

一、戦、自然も我が勝利と相成り候気鋒相見え候とき、其節朝廷へ申上げきっと尽力の次第これあり候との事

一、万一敗色に相成り候とも、一年や半年に決して潰滅致し候と申す事はこれなき事に付き其間には必ず尽力の次第これあり候との事

一、是なりにて幕兵東帰せし時は、きっと朝廷へ申上げすぐさま冤罪は朝廷より御免に相成り候都合にきっと尽力との事

一、兵士をも上国の土、橋、会、桑も只今の如き次第にて、勿体なくも朝廷を擁し奉り、正義を抗し、周旋尽力の道を相遮り候時は、終に決戦に及ぶほかこれなくとの事

一、冤罪も御免の上は、双方とも誠心を以て相合し、皇国の御為に砕身尽力仕り候事は申すに及ばず、いづれの道にしても、今日より双方皇国の御為め皇威相輝き、御回復に立ち至り候を目途に誠しを尽くして尽力して致すべくとの事なり

坂本龍馬が裏面に朱書で、裏書署名している。

表に御記入しなされ候六条は小・西両氏および老兄龍等も御同席にて談合せし所にて、毛も相違これなく候。従来といえども決して変わり候事はこれなきは神明の知る所に御座候。 

薩長同盟 - Wikipedia

大河ドラマ 篤姫 http://www.nhk.or.jp/taiga/

天璋院 - Wikipedia

大河ドラマ 篤姫 http://www3.nhk.or.jp/taiga/

篤姫 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

NHK篤姫」 : 大河ドラマ情報

皇女和宮について
http://homepage2.nifty.com/amida/newpage15.html

皇女 和宮
http://www.h3.dion.ne.jp/~tammy22/sub66.htm


posted by 江〜篤姫 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。