2008年10月27日

NHK大河ドラマ「篤姫」第43回「嫁の決心」

今年の大河でブレークする女優は原田夏希
堀北真希に恋のうわさ

宮崎あおい 紅白司会者に!?
宮崎あおいの収入は5億数千万円!

堀北真希さんインタビュー(篤姫HPより)
悩みを打ち明ける「ともさかりえ」は大丈夫か


NHK大河ドラマ篤姫第43回「嫁の決心」

徳川家茂松田翔太)の死(享年21歳)を聞かされた天璋院篤姫宮崎あおい)は悲しみに沈んでいた。

勝(北大路欣也)

「あれほどにけがれなき心の持ち主を私は知りません・・」

薩摩では、小松帯刀瑛太)が久光(山口祐一郎)の命を受け、京へ上る準備をしていた。

お近(ともさかりえ)に、お琴(原田夏希)とは別れると告げて出発する、小松帯刀瑛太)だったが、9ヶ月ぶりに京に行くと・・お琴(原田夏希)との間に子ができていたことを知り、別れを切り出せなくなってしまう。

天璋院篤姫宮崎あおい)は、和宮堀北真希)が髪をおろすこともなく京へ帰るつもりだと聞き、真意を問いただす。

和宮堀北真希)は、

「なくなられたということがいまだに信じられないからです・・幕府も徳川家も大奥も、自分にとってはもうどうでもよろしいのです・・」

大奥では、和宮堀北真希)が京に帰る日取りを天璋院篤姫宮崎あおい)へ報告に来る。

和宮堀北真希)を責める本寿院(高畑淳子)に対し、、和宮堀北真希)は徳川家茂松田翔太)を心から思っていたと反論する天璋院篤姫宮崎あおい)であった。

和宮堀北真希)は徳川家茂松田翔太)への思いを断ち切るように髪を下ろし静寛院となる。

「これで心残りなく京に戻れると思ったまでのこと・・」

天璋院篤姫宮崎あおい)は

「あとのことはご心配なく・・心安らかに京へお戻りくださいませ」

12/25・・和宮静寛院堀北真希)の兄の帝も亡くなりました。

「私が苦しめたのか・・・お役目を果たせなかったせいか・・」

泣く崩れる和宮静寛院堀北真希

帝の崩御は徳川慶喜(平岳大)にも大きな打撃を与えます。

小松帯刀瑛太)は

「今こそ、有力諸侯を集って会議を行い巻き返しを図るよい機会です。」

西郷(小澤征悦)大久保利通(原田泰造)と協力し、有力大名が政治に参加する列侯会議を開くことに成功する。

打ち合わせの最中、小松帯刀瑛太)の子供、安千代をあやしながら・・

「この子は小松家の子供として育てます。安心して仕事ができるのです。私の身になにかあっても、この子が志を継いでくれるでしょう。お近(ともさかりえ)もわかってくれると思います・・」

慶応3年正月・・

お近(ともさかりえ)は子供を授かったという手紙を受け取ります。

お龍(市川実日子)さん・・・あなたなら喜んで差し上げなさいと言われるのでしょうか・・」

その頃、坂本龍馬玉木宏)とその妻・お龍(市川実日子)は長崎におりました。

お龍(市川実日子)は小松家の長男誕生の知らせに、うれし涙、悔し涙両方の涙を流す・・

京では

徳川慶喜(平岳大)列候会議(有力諸侯を集めて政を進める)への出席を求める、小松帯刀瑛太

しかし、したたかな徳川慶喜(平岳大)に翻弄され、会議は失敗に終わる。

こうなれば力で幕府を倒すしかないと決意する西郷(小澤征悦)大久保利通(原田泰造)に、小松帯刀瑛太)は衝撃を受ける。

徳川慶喜(平岳大)による兵庫開港で攘夷はなくなりました。

天璋院篤姫宮崎あおい)は

「宮様は役目を終えられたということ、一刻も早く京へ戻っていただきましょう」

和宮静寛院堀北真希)がやってきて・・

「なぜそのように笑っておられるのですか、この大事なときに私が京へかえると言うのに」

天璋院篤姫宮崎あおい)は

「それが宮様のお望みだからです。私も己の道を生きてまいりました。宮様にも宮さまの思う道を生きてほしいのです。

徳川幕府、大奥を背負うことは私の道なのでしょう・・ならばそれを全うするまでのことにございます」

和宮静寛院堀北真希)は

「なぜそのようにお強いのですか・・母上様はお強うございます。私は京へ逃げ帰ろうとしております。

私は京へは帰りません。

私は毎日、公方様より賜った西陣織を見て暮らしております。そのたびに、徳川のために生き、若くして亡くなった公方様を思われてなりません、さぞ無念だったろうと、どんなにか心残りがあったろうと・・

京へ帰っては申し訳がたちません

母上さまがどうしてそのように強く生きられるのか、覚悟をもてるのか学びたくなりました。」

天璋院篤姫宮崎あおい)は

「私が強いのだとしたら、私のそばにはなくなられた上様が付いていてくださると思えるからかもしれません

慕っております、今もなお・・

宮様は、はじめて母と呼んでくださいました。あなたは徳川のお方になってくださったのでございますね。こんなに嬉しいことはございません。」

天璋院篤姫宮崎あおい)と和宮静寛院堀北真希)は力を合わせて徳川家を守っていこうと誓い合ったのです

★★★

増上寺に墓参りに訪れた松田翔太と堀北真希

堀北真希と松田翔太の人気俳優2人が語る『篤姫』に対する思い

チューボーですよにゲスト出演、松田翔太さん
ホマキ、初のセミヌードショット
高畑淳子 降板も考えた…まぶた垂れて手術
コメンテーターとして活躍しそうな脚本家「田渕久美子」
『篤姫』視聴率28.1 %、最高記録を更新

★★★

NHK大河ドラマ「篤姫」第42回「息子の死」26.3%
NHK大河ドラマ「篤姫」第41回「薩長同盟」24.2%
NHK大河ドラマ「篤姫」第40回「息子の出陣」28.1%
NHK大河ドラマ「篤姫」第39回「薩摩燃ゆ」24.7%
NHK大河ドラマ『篤姫』第25回〜第39回

大河ドラマ 篤姫 http://www.nhk.or.jp/taiga/

天璋院 - Wikipedia

大河ドラマ 篤姫 http://www3.nhk.or.jp/taiga/

篤姫 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

NHK篤姫」 : 大河ドラマ情報

皇女和宮について

皇女 和宮


posted by 江〜篤姫 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。