2008年11月17日

徳川慶喜

徳川慶喜
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ、よしひさ)は、江戸幕府第15代征夷大将軍(将軍在職:慶応2年12月5日(1867年1月10日) - 慶応3年12月9日(1868年1月3日))。御三卿・一橋徳川家の9代当主。

唯一、将軍としての執務を江戸城で行なわなかったほか、大政奉還や新政府軍への江戸城無血開城などを行なった江戸幕府最後の将軍。内大臣。従一位勲一等公爵。貴族院議員。

天保8年(1837年)9月29日、江戸・小石川の水戸藩邸にて第9代藩主・徳川斉昭の七男として生まれる。母は正室・登美宮吉子[1]。幼名は七郎麿(しちろうまろ)。

男子は国許で養育するという斉昭の教育方針に則り、生後7ヶ月にして水戸に移り、一橋徳川家を相続するまでの多くを同地で過ごす間、会沢正志斎らから学問・武術を教授されている。 慶喜の英邁さは当時から注目されていたようで、当初は斉昭も他家へ養子には出さず、長男・慶篤の控えとして手許に残そうと考えていた

嘉永6年(1853年)、黒船来航の混乱の最中に将軍・家慶が病死し、その跡を継いだ第13代将軍・徳川家定は病弱で男子を儲ける見込みがなかったため、将軍継嗣問題が浮上する。慶喜を推す斉昭や阿部正弘、薩摩藩主・島津斉彬ら一橋派と、紀州藩主徳川慶福を推す彦根藩主・井伊直弼や家定の生母・本寿院を初めとする大奥の南紀派が対立した。

一橋派は阿部正弘、島津斉彬が相次いで亡くなると勢いを失い、安政5年(1858年)に大老となった井伊直弼が裁定し、将軍継嗣は徳川慶福と決した。

同年、井伊直弼は勅許を得ずに日米修好通商条約を調印。慶喜は斉昭、福井藩主・松平慶永らと共に不時登城し直弼を詰問するが、逆に不時登城の罪を問われ、翌・安政6年(1859年)に隠居謹慎処分となる(安政の大獄)。

なお、慶喜本人は将軍継嗣となることに乗り気ではなかったのか「骨折りは申し訳ないが、天下を取ってから失敗するよりは、取らないほうがいい」という内容の手紙を斉昭に送っている。

万延元年(1860年)に謹慎は解除となる。 文久2年(1862年)、島津久光率いる薩摩藩兵に護衛されて勅使・大原重徳が江戸に入り、「徳川慶喜を将軍後見職、松平春嶽(慶永)を大老に登用すべし」という孝明天皇の勅命が下される。 7月6日、幕府は慶喜を将軍後見職、春嶽を政事総裁職に任命した。慶喜と春嶽は文久の改革と呼ばれる幕政改革を行ない、京都守護職の設置、参勤交代の緩和などを行なった。

文久3年(1863年)には将軍・徳川家茂の先駆けとして上洛、攘夷を迫る朝廷との交渉に手を尽くした。孝明天皇が石清水八幡宮へ行幸しての攘夷祈願において、天皇から家茂が節刀を受けてしまえば攘夷を決行せざるを得なくなるので、「風邪発熱」(仮病)と称して家茂に拝謁を急遽取りやめさせた。

八月十八日の政変で長州藩を中心とする尊皇攘夷派が排斥されると、公武合体・佐幕両派による参与会議に参加すべく再び上洛。しかし会議がまとまらないと見るや、故意に中川宮らとの酒席で泥酔し、居合わせた伊達宗城、松平春嶽、島津久光を罵倒、さらに中川宮に対し「島津からいくらもらってるんだ!」などと暴言を吐いて体制を崩壊させるなど、手段を選ばないとも言える交渉を行なった。

以後は京都に留まり朝廷から禁裏御守衛総督に任じられ、守護職・松平容保(会津藩主)、所司代・松平定敬(桑名藩主)と共に勤皇の志士や公家の取り締まりにあたる(一会桑体制)。天狗党の乱では慶喜を支持していた武田耕雲斎ら実家・水戸藩の家臣たちを切り捨てる冷徹さも見せた。

元治元年(1864年)、禁門の変では幕府軍を指揮し、鷹司邸を占領した長州軍をみずから攻撃。それに続く第一次長州征伐が終わると、無勅許状態にあった日米修好通商条約の勅許に奔走し、条件付ながら勅許を得ることに成功した。

慶応2年(1866年)の第二次長州征伐では、薩摩藩の妨害を抑えて慶喜が長州征伐の勅命を得る。しかし薩長同盟を結んだ薩摩藩の出兵拒否もあり、幕府軍は敗退。その第二次長州征伐最中の7月20日、将軍・家茂が大坂城で薨去する。慶喜は朝廷に運動して休戦の詔勅を引き出し、休戦協定の締結に成功する。

家茂の後継に推されたが、慶喜はこれを固辞。8月20日に徳川宗家は相続したが将軍職就任は拒み続けた。その後、老中らが将軍就任を懇請したが受諾せず、12月5日に将軍宣下を受けて将軍に就任した。これはいわば恩を売った形で将軍になることで、政治を有利に進めていく狙いがあった。

慶喜はフランス公使・ロッシュを通じてフランスから240万ドルの援助を受け、横須賀製鉄所や造・修船所を設立し、ブリュネを始めとする軍事顧問団を招いて軍制改革を行った。陸軍総裁・海軍総裁・会計総裁・国内事務総裁・外国事務総裁を設置し、老中の月番制を廃止した。また、実弟・徳川昭武をパリ万国博覧会に派遣するなど幕臣子弟の欧州留学も奨励した。兵庫開港問題では朝廷を執拗に説いて勅許を得て、勅許を得ずに兵庫開港を声明した慶喜を糾弾するはずだった薩摩・越前・土佐・宇和島の四侯会議を解散に追い込んだ。

薩長が武力倒幕路線に進むことを予期した慶喜は慶応3年(1867年)10月14日、明治天皇に政権返上を上奏し、翌日勅許された(大政奉還)。当時の朝廷に行政能力が無いと判断し、列侯会議を主導する形での徳川政権存続を模索していたと言われる。

しかし、倒幕を目指す大久保利通、岩倉具視の画策で、12月には王政復古の大号令が出され、慶喜には辞官(内大臣の辞職)と納地(幕府領の返上)が命ぜられた。慶喜は衝突を避けるべく大坂城に退去し、諸外国の公使らを集めて徳川の正当性を主張、さらに朝廷に運動して辞官納地を修正させて穏やかな形に直してもらう。翌・慶応4年(1868年)に薩摩藩が江戸市中で行なった挑発に挙兵。会津・桑名藩兵を使って京都を封鎖するも、年が明けて1月3日に勃発した鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍が形勢不利と見るや、まだ兵力を十分に保持しているにも関わらず、兵を置き去りにして軍鑑開陽丸で江戸へ退却した。

間もなく、慶喜を朝敵とする追討令が下り、大総督・有栖川宮熾仁親王に率いられた官軍が東征を開始する。慶喜は、小栗忠順を初めとする抗戦派を抑えて恭順を主張。2月には勝海舟に事態収拾を一任して自らは上野寛永寺大慈院において謹慎する。また徳川宗家の家督は養子・田安亀之助(のちの徳川家達)に譲った。

勝と官軍参謀・西郷隆盛との交渉がまとまり江戸城が無血開城されると慶喜の身柄は水戸へ移された。藩校弘道館の一室にて引き続き謹慎した後、7月には徳川家が移封された駿府に移った。これにより、江戸幕府は完全に幕を閉じた。この戊辰戦争以降、幕府の制度は新政府によって廃止され、復活することは無かった。慶喜は江戸幕府のみならず武家政権最後の征夷大将軍となった。

明治2年(1869年)9月、戊辰戦争の終結を受けて謹慎を解除される。

明治30年(1897年)に東京・巣鴨に移り住む。翌年には皇居となった旧江戸城に参内して明治天皇に拝謁もしている。明治35年(1902年)には公爵に叙せられ、徳川宗家とは別に徳川慶喜家を興す。明治43年(1910年)に家督を嫡男・慶久に譲り隠居。

以後は政治には携わらず(ただし、1902年〜1910年に貴族院議員となった)、写真・狩猟・投網・囲碁・謡曲など趣味に没頭する生活をおくったと言われている。

大正2年(1913年)に感冒にて死去。享年77歳(満76歳と0ヶ月25日)は徳川歴代将軍の中でも最長命であった。

徳川慶喜 - Wikipedia

徳川慶喜家 - Wikipedia

十五代将軍 徳川慶喜

徳川慶喜

NHK大河ドラマ「篤姫」第46回「慶喜救出」


posted by 江〜篤姫 at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫・キャスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。