2008年01月20日

NHK大河ドラマ「篤姫」第3回薩摩分裂

NHK大河ドラマ篤姫」第3回 薩摩分裂

薩摩では、藩主・島津斉興(長門裕之)の側室お由羅(涼風真世)が息子の忠教(山口祐一郎)を跡継ぎにと望み、嫡男・斉彬(高橋英樹)を慕う一派と激しい対立をひき起こしていた。

於一(宮崎あおい)は、藩の政治がどうなっているのかとても興味をもつが、忠剛(長塚京三)は子どもが知るべきことではないとはねつける。このお家騒動に巻き込まれ、大久保正助(原田泰造)も謹慎処分となる。肝付尚五郎(瑛太)から聞き及んだ於一は、正助の家族がさぞ苦しい生活をしているに違いないと、今和泉家の厨房(ちゅうぼう)からカツオやタイを持ち出しては正助に届けるようになる。正助は、於一と尚五郎、そして西郷吉之助(小澤征悦)の心遣いに深く感謝する。さらに、正助の妹たちが内職に追われる姿を見た於一は、自らのかんざしやくしさえ正助の母・フク(真野響子)に渡そうとする。しかし、フクは頑として受け取らない。フクを傷つけたと悩む於一に、お幸(樋口可南子)は、薩摩の女の誇りについて語り聞かせる。一方、老中・阿部正弘(草刈正雄)の助けによりようやく藩主となった斉彬は、於一の人生を左右することになるある野望を抱いて薩摩にお国入りを果たすのだった。
篤姫 | 大河ドラマ


posted by 江〜篤姫 at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。