2008年03月30日

NHK大河ドラマ篤姫第13回「江戸の母君」

13代将軍・徳川家定役で出演中の俳優・堺雅人(34)さんが、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅(36)と組んで初バラエティー番組に挑戦するそうです。

4月4日スタートの日テレ系「恋愛新党」(金曜・深夜0時40分)で、堺雅人さんが党首になり、15分の番組でしゃべりっぱなし・・だそう。

堺雅人、本当に新党立ち上げる!?…4・4スタート「恋愛新党」


NHK大河ドラマ篤姫第13回「江戸の母君」

困難を極めた船旅だったが、篤姫(宮崎あおい)一行は、無事江戸の薩摩藩邸に入ります。

篤姫は斉彬(高橋英樹)の正室で形式上は母親にあたる英姫(余貴美子)の元へ挨拶に出向こうとしますが、面会が許されない日々が続きます。

一方、江戸への参勤が早まった斉彬(高橋英樹)は、共を申し出ていた尚吾郎(瑛太)に対し、西郷吉之助(小澤征悦)を連れて行くと告げるのでした。

★★★

「御台じゃとー!!ワシのほしいのは新しき火鉢じゃ。豆をかっかっと上手に炒ることのできる火鉢じゃ・・・」

家祥さまは、奥方様が亡くなられて3年、そろそろ新しい奥方様を・・という話しに答えました・・

★★★

江戸のお菓子も美味じゃのーー

二ヶ月かかって江戸薩摩藩邸に入り、英姫(余貴美子)から届けられたお菓子をいただきながら、篤姫の満面の笑み・・

★★★

恥ずかしゅうございます・・」

斉彬(高橋英樹)のお供で江戸へ行くことのかなわなず、やりきれない思いでいっぱいの尚吾郎(瑛太)に対し、小松清猷(沢村一樹)は、

「殿(斉彬)の命で琉球へ行くことにした。殿のそばで働きたかった・・なぜワタシが・・というやりきれない思いでいっぱいだが・・ワタシは殿を信じる道をえらんだのだ・・殿の目は節穴ではない・・
尚五郎が、薩摩に必要だと思うからこそ、薩摩に残すのだ・・」

との言葉への尚五郎のセリフと・・素直に澄み切っている子どものようなまなざし・・・

現在に生きる私たち・・先輩(家族、身内、職場様々な場面で)に教えられたとき、素直に受けいれ、自分のいたらなさを振り返ることができているのだろうか・・・と思った場面でした

★★★

「薩摩の分家の娘が恐れ多くも徳川家に嫁ぐなど、まして御台所になるなど誰ひとり認めてはおりません」

英姫(ひさひめ(余貴美子)の言葉・・・

篤姫は幾島とともに驚き、打つひしがれます

「なんのためにここまで来たのか・・」と嘆く篤姫に幾島(松坂慶子)は・・

ゆめゆめお殿様を疑われてはなりませぬ。ここまで来たからには、お殿様をしんじるよりほかにありません

私は、早くに亡くなった幾姫さまのためにも、老女としての役目を果たす決心をしたのです。

老女とは、わが身の命にかえて主をお守りすること

今度こそ、主を守り抜いてみせようと。

嘉永6年(1853年)10月の出来事です

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第12回「さらば桜島」3/2323.5%

NHK大河ドラマ篤姫第11回3/16「七夕の再開」24.7%

NHK大河ドラマ篤姫第10回3/9「御台所への決心」23.8%

NHK大河ドラマ篤姫第9回3/2「篤姫誕生」25.3%

NHK大河ドラマ篤姫第8回「お姫様教育」22.4%

NHK大河ドラマ篤姫第7回「父の涙」21.6%


<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia



第1回 2008年1月06日 天命の子 20.3%
第2回 2008年1月13日 桜島の誓い 20.4%
第3回 2008年1月20日 薩摩分裂 21.4%
第4回 2008年1月27日 名君怒る 22.7%
第5回2008年2月03日 日本一の男 24.0%
第6回 2008年2月10日 女の道 22.7%


成田山で朝青龍、宮崎あおいら恒例の豆まき

★★

<大河ドラマ>NHK「篤姫」初回視聴率20.3% 関東

<「篤姫」>幕末駆ける宮崎あおい 大河ドラマ見どころは?

宮崎あおい:衝撃の登場シーン「涼しくてラク」 大河ドラマ「篤姫」第1回完成会見

「篤姫」和宮役に堀北真希!時代劇初挑戦

堀北真希、初大河!「篤姫」であおいと共演

宮崎あおい日本向けアルマーニの顔に1
宮崎あおい、リンゴ酢で1年乗り切る!

宮崎あおい結婚後初登場 薬指キラリ…大河「篤姫」会見

宮崎あおい、高岡蒼甫が極秘挙式
宮崎あおい 4歳年上俳優と電撃入籍
宮崎あおい15日電撃入籍

 
鹿児島の情報は南日本新聞 - 特集・「篤姫」にゅーす
篤姫 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia


posted by 江〜篤姫 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。