2008年06月08日

NHK大河ドラマ篤姫第23回「器くらべ」その1

2010年度の大河ドラマは『龍馬伝』に決定! 主役は「“大人”の俳優に・・・」6月5日
常盤貴子に長澤まさみ「09年大河」気になる配役事情6月4日
北村一輝が準主役!妻夫木が仕える武将・上杉景勝
★★★

NHK大河ドラマ篤姫第23回「器くらべ」その1

病弱で将軍らしからぬ行動が多かったといわれる13代将軍・徳川家定(堺雅人)

周囲では、徳川家定(堺雅人)に世継ぎを期待せず、次期将軍を巡る争いが勃発します。

斉彬(高橋英樹)らが推していたのは、一橋慶喜(平岳大)

井伊直弼(中村梅雀)らが推していたのは紀州家13代当主徳川慶福(家茂)(松田翔太)

★★★

安政4年1957年7月

篤姫(宮崎あおい)大奥に入って半年がたちました。

上様=家定(堺雅人)はうつけではなかった??」と篤姫(宮崎あおい)から話を聞いて驚く幾島(松坂慶子)

家定(堺雅人)から、慶喜(平岳大)を将軍にする意思はないと断言され、また斉彬高橋英樹)の命令を守ろうと必死の幾島(松坂慶子)からは迫られ篤姫(宮崎あおい)は、慶喜(平岳大)を推す斉彬高橋英樹)を思い、激しく悩んでいた。

「それにしても上様=家定(堺雅人)は寂しいお方なのじゃな・・(「わしは、誰も信じない・・誰一人として・・」)・・篤姫(宮崎あおい)

★★★

「今日はなんじゃ」お手玉をしながら家定(堺雅人)

下田の総領事ハリスが、家定(堺雅人)に会いたいと執拗にせまっているようです。

( 嘉永7年1月16日(1854年2月13日)、ペリーの再来により同年3月3日(3月31日)、日米和親条約を締結、1857年(安政4年)5月には下田協定が調印される。NHK大河ドラマ篤姫第22回「将軍の秘密」

安政4年1857年7月20日、アメリカの軍艦ポーツマス号が下田に来航。
江戸ではその3日後、徳川斉昭江守徹一橋慶喜(平岳大))派)は老中首座を退きます。

そして

江戸幕府は、ハリスの、家定(堺雅人)謁見を許可します。

水戸の徳川斉昭江守徹)は大奥からは嫌われていたため、家定(堺雅人)の生母本寿院(高畑淳子)滝山(稲森いずみ)らは昼間から祝杯をあげます。

★★★

その日の夜、家定(堺雅人)は、篤姫(宮崎あおい)の元で・・

「今夜は目が覚めて眠れぬ・・」

「では、囲碁で遊びましょう」と篤姫(宮崎あおい)

「戦は好かぬ」という、家定(堺雅人)に、篤姫(宮崎あおい)五つ並べ(いつつならべ)手ほどきをします。

そして、篤姫(宮崎あおい)は、慶喜(平岳大)を跡継ぎにと家定(堺雅人)に願う。

しかし家定(堺雅人)から自分があったこともないものを将軍に推薦するのはおかしいと諭される。

篤姫(宮崎あおい)は・・

「それは上様:家定(堺雅人)ハリスに会わぬことと同じではありませんか??・・慶喜(平岳大)と会えるように計らっていただけませんか??」

「よかろう・・しかしわしはハリスには会わんぞ・・」と上様:家定(堺雅人)・・・

篤姫(宮崎あおい)は、慶喜(平岳大)と、慶福(家茂)松田翔太の両方と会い、自分の目で二人の器量を確認しようと考える

NHK大河ドラマ篤姫第23回「器くらべ」その2

★★★

NHK大河ドラマ篤姫音楽:芳俣涼・脚本:田淵由美子

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第22回「将軍の秘密」その2
NHK大河ドラマ篤姫第22回「将軍の秘密」その1

NHK大河ドラマ篤姫第21回「妻の戦」24.4%

NHK大河ドラマ篤姫第20回「婚礼の夜」24.2%

NHK大河ドラマ篤姫第19回「大奥入城」24.6%

NHK大河ドラマ篤姫第18回「斉彬の蜜命」20.9%

NHK大河ドラマ篤姫第17回「予期せぬ縁組」23.1%

NHK大河ドラマ篤姫・第7回〜第15回

★★★

大奥とは

★★★

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

★★★

<妻夫木聡>「伝える使命感を感じる」 NHK大河ドラマ「天地人」で主役・直江兼続

主演は妻夫木聡さん=来年のNHK大河ドラマ「天地人」

直江兼続 - Wikipedia

大河ドラマ 篤姫
http://www.nhk.or.jp/taiga/

天璋院 - Wikipedia

篤姫 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia

天璋院篤姫 〜 薩摩が生んだ幕末の才女 〜
http://www.ibusuki.or.jp/atsuhime/

十三代将軍 徳川家定
http://www.uraken.net/rekishi/reki-tokugawa13.html

徳川家定 - Wikipedia

【よろパラ 〜文学歴史の10〜 日本史人物列伝『徳川家定』】


徳川家定将軍就任(1853)

(雑感)将軍徳川家定は「暗愚」か? - 江戸時代研究な日々
http://d.hatena.ne.jp/yoshikitakao/20080520
posted by 江〜篤姫 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。